Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えらいこっちゃがな

業務連絡。業務連絡。

A1_10_1_20041028100657.gif

モリゾーさんが再始動しております。
(第32回全国都市緑化あいちフェア ホームページ)



我々の季節がやって来ました。


グッズとか全部買うやろ。
もうあれやろ…大変やろ。

(落ち着け)



しかも、モリゾー史上初の、本人のブログですよ。
(モリゾー・キッコロのブログ)



ううううう…
みなぎってきました。
DSC01998.jpg





ぴやー!!! 
スポンサーサイト

内山ちゃんお菓子食いすぎ事件③

内山ちゃんのスーパーマイペースを見て
遠慮のなくなった女性陣は追及を始めました。

「ほんますごい量だよ?ごみ箱の袋!」
「私の席からそっち見ると、アンタだいたいなんか食べてるよ!」
「肉!取りすぎ!」
「大丈夫なん?何かストレスでもあるの?」

そんな皆の強い口調など関係なく
内山ちゃんは普通の顔で白菜とマロニーとまた肉を取りながら
「私、昔からめっちゃ食べるんです~」とのんびり言いました。

「でもほんとに多すぎやで?
あなたの1番上の引き出し、お菓子ばっかりやったやん!」
「2段目もですよ~」


私たちの心配や戸惑いは肩透かしをくらい
なんかもう話にならないので
私たちは内山ちゃん本人抜きで、食いすぎについてしばらく語り合っていました。

内山ちゃんの前に席がある坂本さんは
毎日鼻にポッキーの匂いがしみついている気がするそうです。
あと、内山ちゃんがあまりにもおいしそうに食べるので
ついつい20年ぶりに、雪の宿を買ってしまったそうです。



しばらくそんな話をしていたところ、
水炊きを食べ終わった内山ちゃんが語り始めました。

「私、ずっとバレーボールやってたから別に太らなかったんですけど
就職してから7キロ太りました~」

7キロ太ってその体型なら、元はかなり細かったのでしょうが
そんなことより、テーブルにマロニーこぼしすぎ と言おうとしたところ
内山ちゃんが突然立ち、履いている黒いスラックスを指して言いました。
「入るズボンがなくって~、これ、弟(高校生)の学ランなんです~」

ほう。
仕事をしないのに、
ズボンだけはフォーマルかね。



私は思わず、「え…じゃあ弟は何を履いて登校してるの?」と聞きました。
内山ちゃんは
「知りません~」と言いました。




翌日、私は副課長に報告しました。
「弟がパンツで登校する羽目になってても気にしないくらいなので
床に落ちたお菓子は気にしないと思います」


それを聞いた副課長は、もう無言でした。



その後、副課長は内山ちゃんに
「毎日コロコロで掃除」
を命じました。
彼女は素直に守っているそうです。

にも関わらず昨日、副課長ではなくて私がポッキーを踏みました。
彼のイライラが一瞬で猛烈に理解できました。



今日も内山ちゃんは、弟の学ランズボンで出勤していました。
仕事は相変わらず覚えていません。
年度末の一番忙しい時に、年休で台湾旅行に行くそうです。

彼女が小龍包の肉汁ブシャーをどうやって食べこぼすのか
ちょっと興味があるのは否めません。

(おわり)

内山ちゃんお菓子食いすぎ事件②

副課長に命じられた私は、内山ちゃんの食べすぎを信じていなかったため
「えー」と嫌そうに言いながらデスクに回りました。

「別に普通ですやん。」
「足元や。足元見てみぃ。」

と言われて、コロコロイスを動かした瞬間

「これは食いすぎ!!!」
私の口が驚きのスマッシュヒットを繰り出しました。



ひと言で言うと、お菓子のカスが散らばっていた訳なのですが、
ちょっと普通ではありませんでした。

床がほんのり茶色いのです。

このフロアは毎日掃除されるので、落ちているカスは今日のみの分だと思うのですが
おまえ何をどんなけ食うとんねんというほどに
びっしりと内山ゾーンと、その隣の副課長ゾーンにまで落ちていました。
(※内山ちゃんはあまりに仕事を覚えないため、副課長の隣で修業させられています)


内山ちゃんのごみ箱を見ると
ポッキー、カントリーマアム、まがりせんべい、雪の宿、アーモンド小魚
などの袋がぎゅうぎゅうに入っていました。

衝撃で固まっている私を見て
副課長が「分かったやろ。食いすぎやろ。」と静かに言いました。

ようやく信じた私は、その後、副課長の言い分をくわしく聞いてみました。

①自分は3日に1度は、内山が落としたポッキーかプリッツを踏んでいる
②めずらしく内山から話しかけてきたと思ったら
 「給湯室の冷蔵庫に入れた私の水ようかんがなくなった」だった
③ジョンさんのアイスクリームを1番にもらいに行き、更に4回おかわりに行った。
④お土産に信玄餅を配ったら、内山がまき散らしたきな粉のせいで、靴が黄土色になった。


「④はいくらなんでも大げさでしょう?
 信玄餅1個分のきな粉で、黄土色にはなりませんよ。」
「…あいつ5つも食うとんねや。」
「えっ!?そんなに割り当てなかったでしょう!?」
「なくても食うんとんねや」

私は、内山ちゃんの度胸に感心しました。

そして冒頭の「食いすぎや!」の叫びの理由に戻るのですが、
副課長は今日の午前に
内山ちゃんが小魚アーモンドの大袋を空にしているのを見たのに
夕方新しい袋がゴミ箱に入っているのを見て
「また買うたんか!」という気持ちを抑えきれず、思わず叫んでしまったそうなのです。


彼の主張は分かりましたが、
私は内山ちゃんが何か強いストレスを感じているために
たくさん食べているのかもしれないと思い、少し心配になってきました。

たまたま翌日、女性社員だけの飲み会が予定されていたので
私はその席でこっそり内山ちゃんに聞いてみることにしました。

会が始まると、私だけでなく皆が同じことを心配していたらしく
早速、ズバズバ言うタイプの年配の女性が
響き渡る声で
「アンタ、お菓子食べ過ぎやんな?」といきなりカマしました。

若い娘さんに対して、デリカシーがない発言にヒヤヒヤする私をよそに
内山ちゃん本人は水炊きの肉をたくさんとりながら
「はい、めっちゃ食べてまーす」と言いました。


…いやいや。


(つづく)

内山ちゃんお菓子食いすぎ事件①

先日、副課長が突然
「内山はお菓子食いすぎや!!!」
と叫びました。

私は人を攻撃することなど滅多にない副課長が
何か怒っているのにまず驚きました。

続いて「そんな”食いすぎ”とか言わんでも…」
「若いんだし、たまにはたくさん食べたっていいじゃない」
と思って擁護する気持ちが生まれました。


内山ちゃんは、うちの職場の新卒2年目の女性です。
ある意味可愛がられているため、皆が内山ちゃんと呼びます。

内山ちゃんは、いい意味でも悪い意味でもマイペースで
仕事はできません。

できるようになりたいとは思っているのでしょうが
彼女の中に、「それも私だし」というような
自分への丸ごとの肯定感が常にあるためか、
仕事は全然できていないのに、独特の余裕があります。


ちなみに、この課長の食いすぎ発言時には
本人はとうに帰宅しています(エブリデイ定時退勤)。

この部分だけ聞くとふてぶてしい若者が想像されてしまうかもしれませんが
決してそうではありません。

彼女は言われたことは真面目に(一生懸命でないところがポイント)やろうとしますし
周囲を基本的に信頼して丁寧に接する、ピュアな人なので
皆から「あの子は仕方がない」と思われています。
稀有なポジションを維持しる、なんとも得なキャラクターです。

だから私は
「先生ー!男子が内山ちゃんにえらそうに言ってますー!」
みたいな気持ちで周囲を見渡したのですが
なんと皆がうなずいているではありませんか。

「うん、食べすぎ」「引くくらい食うとる」
「あれはあかんで、食いすぎやで」
男女問わず、その場にいた皆が口々に言いました。

私は同意できず
「内山ちゃんは若くて背も高いですし、そりゃいっぱい食べますよね…」
と言いました。

すると副課長が「あいつのデスクを見てこい」と静かに言ったのです。

(つづく)

Appendix

プロフィール

のり

Author:のり
兵庫県在住のアラサー。
好みのタイプは草野仁。
笑いのツボはミラ・ジョボビッチと
木の実ナナです。

押して下さると素敵


にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ

細々とつぶやき中

コミュニティー

「盛り盛りモリゾー」       フルスロットルでモリゾーに興奮中。参加をお待ちしています♪

検索フォーム

素材


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。