Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空中モリオフ

前回の更新から間が空いてしまいました。
その間も見にいらして下さった方、ぽちっと応援してくださった方
本当にありがとうございます。


何をしていたかと言いますと
仕事でキレて疲れてキレて疲れてを繰り返したり、オフ会をやったりしていました。



先日、コミュニティ「盛り盛りモリゾー」で濃くお世話になっている皆さんと
大阪でお会いしました。

身近な人に、休日の予定を聞かれた私は
「モリゾーコミュのオフ会です」とはどうしても言えず
「万博関連のイベントです」と、アカデミックなイベント風に、濁しました。

さて当日、先に大阪のミヨっちゃんさんと合流して、
他の方への関西土産をコインロッカーに入れる予定だったのですが
私が遅刻。

もう他の方が来ちゃう…!という時間なのに
ロッカーがどこも満杯。
ミヨっちゃんさんが探してくださいました。

私は阪神百貨店に用事があったので(遅刻しておいて!)そこまで駆け抜けました。
名物イカ焼きの行列の横を駆け抜けました。
真夜中を駆け抜ける(折原みと)とか思いながら駆け抜けました。

そんな中、もうあけぼうさんがお着きになったとメールが。
やべぇ。


…というような激しいスタートでしたが
misachi68さんとも合流して、4人で楽しく過ごすことができました。
misachi68さんはトイレを探す途中で、ミヨっちゃんさんとすれ違ったそうです。

私はその状況を想像して、いきなり吹きそうになりましたが
初対面であることを思い出して、
一瞬内頬をかんで耐えようとしてやっぱり耐えきれず、笑ってしまいました。
皆さん気さくで明るい方だったので、お話しするのがとても楽しかったです。


居酒屋では、ガールズの共通したトマト好きが発覚し、
ミヨっちゃんさんはビール、女性陣はトマトジュースで乾杯しました。
ナマ中ならぬ、トマ中です。
kanpai (1)


その後は、HEPの観覧車と
梅田スカイビルの空中庭園というデートコースに行きました。
謎の構成の我々が行きました。
hepkanransya.jpg  kanpai (2)

皆さんで、カップル向けシートにニヤニヤしながら座ったり
ハート型の錠を飾る所で「こんなこと(恥ずかしくて)できない」と言ったり
基本的に、ラブラブと浮かれた雰囲気に若干の笑いを含みつつも感心しながら
楽しく過ごすことができました。
(またやりたいです。皆さまありがとうございました。)


帰宅後に、あけぼうさんのお土産のじゃこふりかけをいただきました。
すごくおいしかったので、私は白飯をかきこみながら
「"じゃこふりかけ"っていう曲なら、デビューしてもええわ」と言いました。

我ながら、何言ってんだか分かりませんでした。
スポンサーサイト

アラジンの夜は更けて

最近のツイッターでのつぶやきに、セルフツッコミを入れるシリーズです。
前回のセルフツッコミ



washikaeritai.png

⑨まで色々あったようです。



oekaki.png

絵が苦手な人間のレパートリーは限られている訳ですよ。
幼稚園の時の先生は「昨日楽しかったこと」を描けと毎日おっしゃっていたので、
私は「ブランコで遊ぶ私」と「鉄棒で遊び私」を交互に描いていました。
その7年後、中学校の美術の先生に
「まぁ…落ち込むな…」と言われるほどの才能を発揮します。



nozawa.png

私にとって野沢直子は下世話の安全地帯です。
「感動の浴びすぎ」の予防対策として、バンプを聞くときは
彼女の歌「マイケル富岡の夜は更けて」を、セットで聞くことにしたらいいかもしれません。



kenhi.png

一緒にじゅうだんで駆け落ちしても良いかもしれんと思ったくらいに。

公開当時子どもだった私は、自分が「僕を信じて!」と言われた気分になり
ジャスミン姫の歌真似までしました。



kingofjhon.png

よりによってジョンさんに聞かれるとはね…!
こちらのブログに素敵な訳詩が載っています。

以下はのり訳です。
I'm not the one who's lost
(見失っとるのは私やないでアンタやで) 
With no direction oh
(進むべき道も分かってへんやんけ)
Who cares if you disagree 
("僕の意見は違う"って 何やなそれ)
You are not me 
(アンタは私やないがな)
Who made you king of anything
(どこぞの王様かいな)

という、恋愛におけるげんなり感を表現した歌を
仕事に対するげんなり感たっぷりに歌っていたので
余計に恥ずかしかったです。

しかし、「ご高説はもう聞きたくないの」ということは
恋愛においても割とよくありま…(以下略)



sunagimo2.png

ミヒャエル・エンデもびっくりの「果てしない砂肝」です。

味はおいしかったのですが
あのコリコリ感はあれです…続くとまじで、無理です。
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と同じで
砂肝を焼いていた女性店主のブルーマスカラまで、「余計やな」と思いました。



goukon.png

あー…

Appendix

プロフィール

のり

Author:のり
兵庫県在住のアラサー。
好みのタイプは草野仁。
笑いのツボはミラ・ジョボビッチと
木の実ナナです。

押して下さると素敵


にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ

細々とつぶやき中

コミュニティー

「盛り盛りモリゾー」       フルスロットルでモリゾーに興奮中。参加をお待ちしています♪

検索フォーム

素材


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。