Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7000円の惑い(前編)

最近忙しくしておりまして、記事を更新したり
皆さんのブログにお伺いしたりすることが頻繁にできておりません。
それにも関わらず見に来てくださる方、本当にありがとうございます。
うれしいです。


私のこの気持ちを、昔の「りぼん」の漫画タイトルで現そうと思っていたのですが
今調べたらそのタイトルを間違えて覚えていたことと、
少女漫画独特のラブドリームハピネス自意識な言葉で表現されても
皆さんも困ってしまうのではないかと思い断念しました。
雑誌のチョイスを基本的に間違えたようです。


えー、そんな訳の分からないオープニングになってしまいましたが、
今回は買い物の話です。



私の友人のひとりが、ボランティアであるイベントに関わっているのですが、
先日「イベントの景品の購入を手伝って欲しい」と言われました。
とてもたくさん買わなければいけないらしく、
職場が近い私に助けて欲しいと言うのです。

よく分からないまま、仕事終了後に指定されたスーパーに行くと
同じく仕事場から、車で直行して来た友人がこう説明しました。

①今回買うのは7~10人のグループで競うクイズ大会の景品である。
②参加者の全体の5割は1人暮らしの人である。半分以上が女性である。
③景品はグループ内で山分けして楽しんでもらうので
 ひと箱に、皆で分けられるものをたくさん入れたい。
④いずれの箱も予算は一律7000円。
 先に正解したグループから好きな箱を選べる(全グループに景品が当たる)
⑤我々が買わなければいけないのは4箱分で、食べ物ばかりである。

ということでした。
「1人暮らしの人が多いので、すぐに食べられるインスタント食品が喜ばれる」
という事情を私が理解したところで、友人がおもむろにメモを取り出しました。

それには「4つの箱のテーマ」が書いてありました。
役員で話し合った結果、このような買い物をすることになったらしいのです。

「お菓子箱」…お菓子のみ。
「麺箱」…ラーメン・焼きそば・パスタなどインスタント麺のみ。
「飲み物箱」…コーヒー・スープ・ジュースなど飲み物のみ。
「バラエティ箱」…インスタントカレー、海苔の佃煮など、ジャンル不問。



「えっラーメンばっかりで7000円!?」
そう驚いた私と「そうそう!」と頷く友人の横を、品出しを終えた店員さんが
「特売デー」と書いた帽子を被って横切っていきました。

ちょっと途方にくれそうになりながら、カートの上下2段にカゴを置き
時間短縮のために2手に別れて買い物をすることにしました。
私は「飲み物箱」と「バラエティ箱」担当です。

飲み物箱用には、コーヒーや粉末スープなどを次々にカゴに入れて行きました。
しかし、いずれも高くても300円程度のものですから、なかなか額が増えません。
カルピスだけではなくぶどうカルピスまで買いながら
なんとか3000円分ほどを選びました。

まだ4000円も残っているので、私は美容ドリンクを投入することにしました。

これは「自分ではあまり買わないけど、もらえるなら飲みたい」
という、女性にとっては景品として最適なものです。
色んな種類の美容ドリンクで2000円ほど使い、残り2000円を何にするかと考えていると
「ウコンの力」が目に入りました。

お祭りではお酒を飲む人も多いので、きっと喜ばれるでしょう。
ズガーン!ズガーン!とあの金色の缶をどんどんカゴに突っ込んでいたところ
「あっ!のりちあんやー!」とかわいらしい声が聞こえました。

そちらを見ると
このスーパーのはす向かいの隣の隣くらいに住んでいる先輩とその息子(4歳)でした。
本当に私は、こういう場面で知り合いに出会うことが多いのです。

床にしゃがみこんで「カゴに即ズガーン方式」
ウコンの力を20本ほど買おうとしていた私は、
少年の無垢な瞳に見つめられて、急に恥ずかしくなりました。

先輩は、私がお酒を滅多に飲まないことを知っているので
この買い物の説明をすると理解してくれましたが、
私たちが話す間、私のカゴを物色していた息子君は
「ウコンの力」のゴールドのパッケージを大変気に入り
それを「のりちゃんのジュース」と呼んで覚えてしまいました。

「違うよ、のりちゃんのお友だちのジュースだよ」と訂正する前に
先輩に電話がかかってきたので、2人は慌てて帰ってしまいました。

恐らく家に帰ったら、息子君は父親(先輩の夫)に
「のりちゃんのジュース」の話をするのでしょう。

私はこの先輩の夫に
「知り合いに素敵な男性がおられたら紹介して欲しい」と頼んでいる身ですので
これは非常に困ります。

「のりちゃんはお酒を飲まないから、ウコンの力も飲まないよ。
 CMに出てた木の実ナナを見ると爆笑するけどね。」
というセルフフォローの電話を後でかけようかと思うほど焦りましたが
まだ買い物が終わっていないことに気付いて、任務に戻りました。

次は「バラエティ箱」です。
(つづく)
スポンサーサイト

ロックスターになった私

皆さんはアメリカのアイドル歌手、マイリー・サイラスをご存知でしょうか。
13歳でデビューして以降、
あっという間に大スターになった現在18歳の女の子です。

私はもともと彼女が好きだったのですが、先週ぐらいまでの1ヶ月間
自分内でかつてないほどのマイリーブームが来ていまして
気が付いたら彼女の歌をふんふんと歌っていました。
仕事中も、ちょっと余裕があるとふんふんと歌ってしまうほどでした。

先週のある日の仕事中、私はたまたま他の人よりも早く、会議室に入りました。
がらんとしたところに1人だったもんですから、もちろん歌ってしまったのです。
ちょっとこうノリノリで、体を動かしながら歌ってしまったのです。

もうすぐ皆がやってくるけれど
誰かが通れば足音が聞こえるだろうからその時に歌を止めようと思って、
足音を聞けるようにわざとドアを開けたまま、歌い踊っていたのです。

I might even be a Rock star !
(私はロックスターかもしれないわよ)

大変いい気分でそう歌いきったところに、同僚のRさんが入ってきました。
彼は海外生活が長かった人で、英語が得意です。
足音は全く聞こえなかったので、
それも海外生活で身に付けていたのかもしれません。


薄暗い会議室でアイドルポップを歌い踊っているうえに
黒髪のひとつ結び、黒のスラックスにグレーのカーディガンという
地味極まりないいでたちでロックスター宣言までかました私を見て
Rさんは、小さな声でこう言いました。

「あー… はは」



大変気まずいその状況が過ぎ去り、会議が始まった後、
私はその時の自分が、どのように見えたのかを考えていました。

あえて強調しますが、私は歌い踊る姿を誰かに見て欲しかった訳ではありません。
でももうすぐ人が来ることが分かっている状況で
扉を開けたまま歌い踊っていた私は
たぶん、Rさんの目に、以下のような人と同じように映ったと思うのです。

◆高校に入ってからギターを始め、
 まだコードを4つしか知らないのに路上ライブをしちゃった男子。

◆急に音楽に興味が出てきてピアノを習い始めたものの
 未熟さ故に自分のレベルが分からず、WANDSの「時の扉」しか引けない身ながら
 忘年会会場のピアノを弾き始めちゃった会社員。

◆今まで全然料理をしたことがなかったので、
 毎日作り始めたとたん「自分は料理がすごくできる」と思い込み
 なすとトマトを重ねてチーズをかけて焼いたものや
 アボガドとマグロを合わせてワサビ醤油をかけたものや
 生春巻きやお好み焼きやオレンジゼリーなどの料理の写真を
 「今日のめにぅ。20分で完成しました☆」などという題で
 友だちに送りつける新妻の女性。

◆マフィンミックスを使って作ったチョコチップマフィンを
 頼んでもいないのにデートに持参し
 ちょっと喧嘩をしたら
 「はーなんで私、わざわざ手作りお菓子まで持っていったんだろ」
 という女子。

うまく言えないのですが、このニュアンスが伝わりますでしょうか。
見ている方がイタい、罪の無い勘違いさんというところです。

私はきっと
「英語の歌が好きなの。けだるく踊っちゃうのよ。
 いつも宴会のカラオケを断ってるけど
 皆が歌うようなJpopのヒット曲なんか嫌いだから断ってるだけで
 本当は私は、こういう歌が好きなのよ。
 歌ってるところを偶然目撃されちゃった、というシーンを装って
 それを匂わせたかったのよ。


と見えたと思うのです。
あのRさんの反応は絶対そうだったと思うのです。
冷静に分析しながら、歌い踊るのは家だけにしようと十分反省しました。

皆さんもくれぐれもお気をつけください。
ロックスター宣言はしない方がいいですよ。(しねぇか)

ミートひこにゃん

正月休みの間に、彦根に行ってきました。
目的はもちろん彦根城のひこにゃんです。

彦根城に入ると、窓口の職員さんが
「ひこにゃんは無料ですよー」と何度も言っておられました。

うんうん。ねずみさんよりも良心的です。
(※にゃんが出てくる会議室には無料で入れます。お城をみる場合は入場料が必要です。)

ここに初めて来たのは2年前ですが
その頃からずっと、ひこにゃんが登場する時間は大変にぎわいます。
今回もたくさんの人が並んでいました。
待つ間に、ひこにゃん登場通路と思しき場所の衝立を見ていると

あっバナナ!(※)
P1090605.jpg  tm_img01_20110110213443.gif
衝立の隙間からちらっと見えたひこにゃんは
「ボーッと椅子に座っている」という大変猫らしい姿でした。
「オフにゃん」です。

さあ、いよいよ登場です。
顔が大きいので、扉は横向きじゃないと通れません。
P1090606.jpg 
この姿に、みんな早速喜びます。

「はい、どーん!」
P1090614_20110110220446.jpg

一斉にカメラを向けられてもクールな表情のひこにゃん。
「どんどん撮ってくださいにゃ」
P1090610.jpg

兜を軽やかにかき上げるひこにゃん。
P1090580.jpg

愛嬌をふりまきまくるひこにゃん。
「存分に収めてくださいにゃ」

P1090572_20110111214709.jpg  P1090582.jpg
P1090587.jpg  P1090613_20110111214953.jpg

「そろそろ帰りますにゃ」     「オフにゃんまであと少しですにゃ」
P1090616.jpg  P1090617.jpg

「やれやれにゃ」
P1090619.jpg

ときめきをありがとう!






わしは?
P1110571.jpg

…。

わーしーはー!? 
P1110578.jpg

準備万端やね…。

彦根まで行ったんじゃったら、名古屋まですぐじゃろがー
いやー、その「少し」を越えられないスケジュールの都合があんのよ。


P1110575.jpg
あ、すねた。

(もう少しお待ちください)

妹と韓流アイドル

間違いが多い妹シリーズです。
(過去の間違い


①妹は、テレビで「男性の香水」が紹介されているのを聞いて
 「おー南天(なんてん)の香水!」 と1人で納得していました。

 面倒臭いので、そのまま訂正せずに放っておいたら、
 植物図鑑を引っ張り出してきて
 「いい匂いがするってどこにも書いてない!」と騒ぎ始めました。
 余計に面倒くさくなってきたので、あわてて訂正しました。


②妹が百貨店の初売りに出かけたところ、
 アジア各国から、買い物ツアーで来た人がたくさんおられたそうです。 
 買い物を終えて帰宅したところで、私にこう言いました。
 
 「レジの列に並んでたらなー、後ろの人が外国から来はった人でなー
  ずっと、モエモエなんとか!アッツーイ!ブクロッチョーオモー!  
  って言っててん。あれ何語やろ?」

 状況から考えて「萌え」「暑い」「福袋超重い」という
 日本語以外の何ものでもないと思うのですが、
 妹の耳に住んでいる小人さんは、
 いちど外国語だと思い込んでしまうと、そうとしか聞こえなくなるようです。

 妹にこれらを説明しますと、
 「それでかー!連れの人としゃべってはる時は、むっちゃ日本語うまかったわ!」 
 と言いました。
 
 小人さんには、もう少し柔軟性があるといいと思います。


③妹はテレビで、韓国のアイドルグループ 2PM を見た後、
 私にこう説明しました。

 「2PMはすごいねん。皆ムキムキやねん。
  ほんでなー、曲の途中でな、組体操やるねん。 かっこよかった。」
 
 えっ 何言ってんのこの子、
 と思いましたが、こういうことでした。

  
 0:18頃がその「組体操」です。 

 妹の説明にかかれば、彼らのようにかっこいい人たちも、
 紫SHIKIBUと変わらないようなとんちきアイドルになってしまうようです。
 
 まあ、日本のものでも韓国のものでも
 真剣にやる組体操は見ごたえがあるということでしょうね。

ちょんまげ大掃除

明けましておめでとうございます。
昨年色々と構ってくださった皆様、ありがとうございました。
ぽちっと応援してくださったり、
そっと見守ってくださった皆様もありがとうございました。
こんな訳の分からない文でも、読んでくださる方がいることを大変嬉しく思っています。
今年も当もっちりをよろしくお願いいたします。




さて、年末の大掃除の話をいたします。

雪が降った日に家の大掃除(しかも外回り)をすることになったので、
寒いのが大変苦手な私は、暖かそうな服を引っ張り出し
コーディネートを無視して次々と身に付けていきました。

ピンクのモコモコソックスと水色のシマシマのモコモコズボンを履き
白の裏起毛フリースの上から、水色のモコモコガウンを着ました。

このようなポップな色使いで全身ポリエステルという
ここにライターがあったら危険だわスタイルで活動しておりました。
そしてこれは当然
ハンサムな人には見られない方向で行きたいスタイルでもあります。

非常に暖かいので、快適に掃除をこなしていたのですが
そのうちに、後ろでひとつに結んでいた髪が邪魔になってきたので
分かりやすく言いますとフネさんのような、低い位置でのお団子にしてみました。
更に、前髪が垂れてきて邪魔になったので、
分かりやすく言いますと大五郎のような、豪快な前髪ちょんまげを結いました。

そうやって、私はますます動きやすくなり、絶好調で掃除を進めていました。
もちろん私も、今誰かが家にやって来たら、この姿を見られてしまうなあ
ということが分かっていましたが、
ちょっとはずかしいけどまあ掃除中やし仕方ないよな、という思いでいました。

そういう時には、往々にして誰かがやってくるものです。
案の定、宅配業者さんがやって来ました。
えー結論から言いますと
その人は恥ずかしくなっちゃうようなハンサムではなかったのですが
同級生の男性でした。

さっきまで、その格好で誰かに出会っても仕方が無いと思っていましたが
さすがに恥ずかしかったので大五郎ヘアのちょんまげははずしました。

彼の妻は、いつもツンとしていていじわるだった、これまた同級生の子です。
直接いじわるをされたことはありませんでしたが
いつもコソコソと誰かの悪口を言って笑っているタイプの子で
周囲に気を使わせる、そういう雰囲気をかもし出すところが、私は嫌いでした。

それを思い出した私は、
その子と結婚をした彼にも怒りがわいてきました。

アンタの妻はあれだろうよ、相変わらず気がキツイんだろうよ。
あのすさまじい I am special スタイルは、何を根拠に出てきたものかっていうと
要は気の強さと想像力の欠如だろうよ。
妻と一緒になって他の人を見下したらいかんよ。
というか妻が大人になってもまだそんな風だったら注意してあげなきゃいかんよ。

あーあー、私は全身ポリエステルでちょんまげを結ってるけどなあ
あわててちょんまげをはずしたら、前髪が元に戻らずにおでこ全開になってるけどなあ

少なくとも、ああいういじわるは言わないよ。

という心の声を、大人の私は押し殺し、
「年末はお忙しいでしょうね。ありがとうございました。」と穏やかに言いました。
彼は「いやいや、大掃除大変ですね。」とにこやかに言って
忙しそうにトラックに戻っていきました。


…ごめん言い過ぎた。
(言ってないけど)

Appendix

プロフィール

のり

Author:のり
兵庫県在住のアラサー。
好みのタイプは草野仁。
笑いのツボはミラ・ジョボビッチと
木の実ナナです。

押して下さると素敵


にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ

細々とつぶやき中

コミュニティー

「盛り盛りモリゾー」       フルスロットルでモリゾーに興奮中。参加をお待ちしています♪

検索フォーム

素材


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。