Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モリパー巡礼②

さて、新幹線の中はゆっくりしてはいられません。
事前に調べた情報をもとに
モリゾーグッズの購入計画を立てなくてはいけないからです。


だってモリゾーさんは大人気だからね!
今日は、「花と緑の夢あいち」がスタートしてから既に1週間たった後だし
もう品薄になってるかもしれないから!


このぬいぐるみと!このファイルと!
このバッジは絶対買いたいから売店にダッシュするからね!


などと熱く語る私に向かって
友人は「そんなに心配せずとも余裕で買えるよ…」
とか何とか認識の甘いことを言ったので


「あんた、モリゾーさんのスター性を
甘く見たらあかんでな」

とクギを指しました。


友人はうんざりしているかもしれませんが
更に到着後のスケジュールの再々々確認(くどい)を行い、何とか気持ちを静めました。

お土産購入や園内散策も大事ですが
もちろんメインイベントはモリゾーさんに会うことです。

私は、モリパーに行く際には必ず、数日前に
公園事務局に電話しております。

モリゾーさんの登場時間と場所をお尋ねするためです。
スタッフさんは毎回丁寧に教えて下さるので大変ありがたいです。



この日は、4回の登場予定があるとのことでした。
初回は10時頃、入口に近い「鏡の前のお花畑」にようせい降臨だそうです。

私たちが名古屋駅に到着するのは8時頃です。
やべぇ、もう行列だったらどうしよう。
焦りすぎて緑の汗が出そう。



今回は私、写真撮影で
うちのモリゾーさんと、モリパーのモリゾーさんとの
3ショットを狙っているのです。
(自動的に横に付いてくる黄緑は知らん)


自分の番が来たら、スタッフさんに迷惑をかけないよう 
サッと! こう、サッと!
かばんからうちのモリゾーさんを取り出さなくてはいけません。

新幹線の中で何度も練習します。
サッ!

あーもう、落ち着くのじゃ

無理だよ~!
それにモリゾーさんだってそわそわしてるでしょ?


しとらん!あんたほどはしとらん!
て、着いたぁぁぁぁぁぁぁー!!!!!
mori.jpg
あああああああ


(続きます)
スポンサーサイト

モリパー巡礼 ①

ご無沙汰しております。
気づけば秋ですね。「花と緑の夢あいち」から1年たちました。

モリゾーさん、駅についてからモリコロパークに入れないままで

えろうすいません
とか言いながら、まずは出発前からねちねちと始まります。




2015年は、万博閉幕から10年の節目で、
私のモリゾー暦は11年になっていました。


2014年10月、
愛をこじらせすぎてえらいことになっていた
世界10億人のモリゾーファンに朗報がもたらされました。


翌2015年に花と緑の夢あいち が開催され
モリゾーさんとキッコロが、親善大使として登場するとのこと。

数年前の記事でモリパー巡礼を宣言しといて全く行けていなかった私は
やっと重い腰を上げました。


あけぼうさんも書いておられましたが、
本当にもう

この日のために
生きてきたといっても過言ではないのです。



私は早速、予定を立てました。
まず、開会式に行きます。
閉会式も行きます。
間にも行きます。
ま、3回は当然ですよね。



ところが
開会式…同僚の結婚式
閉会式…友人の結婚式 が入りました。



キィィィィィィーーーーーー!



私の中の森の大魔神が大爆発を起こし、
口から超音波が出てきましたが
なんとか心をしずめてもろもろ調整し、
開会式翌週の土曜と、閉会式の前日に行くことにしました。
(2回に減ってしまった…!)


その日から出発まで、私の鼻息は2割増しです。
そわそわして大変です。

具体的には
スニーカーを新調しました。


「だってほら!ダッシュしないといけないからね!
モリゾーさん見つけた時にライバルに負ける訳にいかないからね!」と
今まで見たことないほどに興奮する私を、
一緒に行く友人は、本当に驚いた眼で見つめました。

さて、
10年ぶりの里帰りにそわそわするモリゾーさんと3人で、
私はいよいよ新幹線に乗ったのです。


あ、当然始発です。
(万博開催中から、名古屋に行く日は毎回始発です)




さて、モリゾーさんよ、
ようせいが乗ってたら皆びっくりしちゃうから
ちょっとバッグに隠れておいてね


あー、別にいいがの
わしが中途半端に隠れると


余計にギョッとさせてしまうと思うがの

washi1.jpg




…ほんまや。

モリゾーさん、自分のビジュアルに自覚あるんやね。
10年間見慣れてる私でさえ、いまだにぎょっとするもんね…。

そうじゃろ

…出るかの



あっ名古屋かの?


無題


ごめん、まだ淀川。


(更新遅いですが続きます)

ついに…

わし…






わし…










きたーーーーーーー!!!

mori.jpg


(続く)

シオリよ覚えてくれ

ごぶさたしております。
えっもう秋!?という感じですが、更新がない間も
見に来てくださったり拍手してくださった方々、ありがとうございます。




さて、今回は過去記事 シオリを許してやれ の続きです。

しばらくシオリとはカスることもなく
特に思い出すことはなかったのですが
先月、大型ショッピングセンターに買い物に行った際に、
シオリの夫、タムラさんに偶然出会ってしまいました。

1人で買い物していた私は、突然タムラさんに呼び止められました。
「偶然ですね」と言いながら
ご家族とご一緒ですか?とお尋ねしようとしたところに
小さい男の子が走って近づいてきました。
3歳になった、タムラさんの息子さんでした。

シオリ似の、目の大きいかわいい男の子でした。
「こんにちは」とあいさつすると
少年は返事をせず、私の顔をじーーーーーーーーっと見ています。

そりゃ、知らないおばはんに声をかけられても
とまどうだろうなぁと思いながら、

タムラさんに「奥様は?」と聞こうとすると
息子さんの後方にたたずんでいる、シオリを発見しました。

人が行きかう中、10Mくらい離れて、立っています。
そして私のことをじーーーーーーーーっと見ています。

なるほど、息子さんは偵察部隊として
シオリに送り込まれたのですね。

私とタムラさんが笑顔で息子さんと話していることや
タムラさんがシオリを見つけて手を振ったり
私が笑顔で会釈したりするのを見て
シオリは「警戒すべき相手ではなかった」と分かったのか
ぼーーーーーーーーっとした目になりました。

タムラさんがシオリに聞こえるように
「同期の、のりさんだよ」と言い、
私も「こんにちは、お世話になっています」と挨拶しましたが
聞こえていないのか
聞こえない振りができる距離なのでそうしたのかは分かりませんが
シオリはぼーーーーーーーっと立ってこちらを見ているだけでした。

私はシオリの結婚式2次会でビデオを撮り、会話もしたのですがね。
それだけなら、顔を忘れてしまったのかもしれませんが
私とタムラさんは同僚なので
集合写真とか年賀状とか一緒に出張行くとか、
割と関わりが多いのでいい加減覚えてもらってもいいのではと思うのですが・・・

いや、覚えてくれなくても
せめて挨拶してくれてもいいのでは
と思うのですが

シオリは近づいてくることもなく、ただ、ぼーーーーーーーーっとして
タムラさんが戻ってくるのを待っていました。

シオリよ、聞こえないふりはできても
目が合ったのに見えてないふりはできないよ。



バカめ…

えらいこっちゃがな

業務連絡。業務連絡。

A1_10_1_20041028100657.gif

モリゾーさんが再始動しております。
(第32回全国都市緑化あいちフェア ホームページ)



我々の季節がやって来ました。


グッズとか全部買うやろ。
もうあれやろ…大変やろ。

(落ち着け)



しかも、モリゾー史上初の、本人のブログですよ。
(モリゾー・キッコロのブログ)



ううううう…
みなぎってきました。
DSC01998.jpg





ぴやー!!! 

内山ちゃんお菓子食いすぎ事件③

内山ちゃんのスーパーマイペースを見て
遠慮のなくなった女性陣は追及を始めました。

「ほんますごい量だよ?ごみ箱の袋!」
「私の席からそっち見ると、アンタだいたいなんか食べてるよ!」
「肉!取りすぎ!」
「大丈夫なん?何かストレスでもあるの?」

そんな皆の強い口調など関係なく
内山ちゃんは普通の顔で白菜とマロニーとまた肉を取りながら
「私、昔からめっちゃ食べるんです~」とのんびり言いました。

「でもほんとに多すぎやで?
あなたの1番上の引き出し、お菓子ばっかりやったやん!」
「2段目もですよ~」


私たちの心配や戸惑いは肩透かしをくらい
なんかもう話にならないので
私たちは内山ちゃん本人抜きで、食いすぎについてしばらく語り合っていました。

内山ちゃんの前に席がある坂本さんは
毎日鼻にポッキーの匂いがしみついている気がするそうです。
あと、内山ちゃんがあまりにもおいしそうに食べるので
ついつい20年ぶりに、雪の宿を買ってしまったそうです。



しばらくそんな話をしていたところ、
水炊きを食べ終わった内山ちゃんが語り始めました。

「私、ずっとバレーボールやってたから別に太らなかったんですけど
就職してから7キロ太りました~」

7キロ太ってその体型なら、元はかなり細かったのでしょうが
そんなことより、テーブルにマロニーこぼしすぎ と言おうとしたところ
内山ちゃんが突然立ち、履いている黒いスラックスを指して言いました。
「入るズボンがなくって~、これ、弟(高校生)の学ランなんです~」

ほう。
仕事をしないのに、
ズボンだけはフォーマルかね。



私は思わず、「え…じゃあ弟は何を履いて登校してるの?」と聞きました。
内山ちゃんは
「知りません~」と言いました。




翌日、私は副課長に報告しました。
「弟がパンツで登校する羽目になってても気にしないくらいなので
床に落ちたお菓子は気にしないと思います」


それを聞いた副課長は、もう無言でした。



その後、副課長は内山ちゃんに
「毎日コロコロで掃除」
を命じました。
彼女は素直に守っているそうです。

にも関わらず昨日、副課長ではなくて私がポッキーを踏みました。
彼のイライラが一瞬で猛烈に理解できました。



今日も内山ちゃんは、弟の学ランズボンで出勤していました。
仕事は相変わらず覚えていません。
年度末の一番忙しい時に、年休で台湾旅行に行くそうです。

彼女が小龍包の肉汁ブシャーをどうやって食べこぼすのか
ちょっと興味があるのは否めません。

(おわり)

内山ちゃんお菓子食いすぎ事件②

副課長に命じられた私は、内山ちゃんの食べすぎを信じていなかったため
「えー」と嫌そうに言いながらデスクに回りました。

「別に普通ですやん。」
「足元や。足元見てみぃ。」

と言われて、コロコロイスを動かした瞬間

「これは食いすぎ!!!」
私の口が驚きのスマッシュヒットを繰り出しました。



ひと言で言うと、お菓子のカスが散らばっていた訳なのですが、
ちょっと普通ではありませんでした。

床がほんのり茶色いのです。

このフロアは毎日掃除されるので、落ちているカスは今日のみの分だと思うのですが
おまえ何をどんなけ食うとんねんというほどに
びっしりと内山ゾーンと、その隣の副課長ゾーンにまで落ちていました。
(※内山ちゃんはあまりに仕事を覚えないため、副課長の隣で修業させられています)


内山ちゃんのごみ箱を見ると
ポッキー、カントリーマアム、まがりせんべい、雪の宿、アーモンド小魚
などの袋がぎゅうぎゅうに入っていました。

衝撃で固まっている私を見て
副課長が「分かったやろ。食いすぎやろ。」と静かに言いました。

ようやく信じた私は、その後、副課長の言い分をくわしく聞いてみました。

①自分は3日に1度は、内山が落としたポッキーかプリッツを踏んでいる
②めずらしく内山から話しかけてきたと思ったら
 「給湯室の冷蔵庫に入れた私の水ようかんがなくなった」だった
③ジョンさんのアイスクリームを1番にもらいに行き、更に4回おかわりに行った。
④お土産に信玄餅を配ったら、内山がまき散らしたきな粉のせいで、靴が黄土色になった。


「④はいくらなんでも大げさでしょう?
 信玄餅1個分のきな粉で、黄土色にはなりませんよ。」
「…あいつ5つも食うとんねや。」
「えっ!?そんなに割り当てなかったでしょう!?」
「なくても食うんとんねや」

私は、内山ちゃんの度胸に感心しました。

そして冒頭の「食いすぎや!」の叫びの理由に戻るのですが、
副課長は今日の午前に
内山ちゃんが小魚アーモンドの大袋を空にしているのを見たのに
夕方新しい袋がゴミ箱に入っているのを見て
「また買うたんか!」という気持ちを抑えきれず、思わず叫んでしまったそうなのです。


彼の主張は分かりましたが、
私は内山ちゃんが何か強いストレスを感じているために
たくさん食べているのかもしれないと思い、少し心配になってきました。

たまたま翌日、女性社員だけの飲み会が予定されていたので
私はその席でこっそり内山ちゃんに聞いてみることにしました。

会が始まると、私だけでなく皆が同じことを心配していたらしく
早速、ズバズバ言うタイプの年配の女性が
響き渡る声で
「アンタ、お菓子食べ過ぎやんな?」といきなりカマしました。

若い娘さんに対して、デリカシーがない発言にヒヤヒヤする私をよそに
内山ちゃん本人は水炊きの肉をたくさんとりながら
「はい、めっちゃ食べてまーす」と言いました。


…いやいや。


(つづく)

Appendix

プロフィール

のり

Author:のり
兵庫県在住のアラサー。
好みのタイプは草野仁。
笑いのツボはミラ・ジョボビッチと
木の実ナナです。

押して下さると素敵


にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ

細々とつぶやき中

コミュニティー

「盛り盛りモリゾー」       フルスロットルでモリゾーに興奮中。参加をお待ちしています♪

検索フォーム

素材


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。